NipponNordic_Logo_Red_72ppi_trasparentBGデンマークのエンタテインメントにおける、若い起業家たち
コンテンツ成功の第一歩、コンセプト開発を支援する
デンマークと日本共同プロジェクト「NipponNordic」


    日時:2017年3月10日(金) 
      18:45~20:30 (受付開始 18:30)

    会場:Startup Hub Tokyo ラウンジスペース
      東京都千代田区丸の内2−1−1 明治安田生命ビル 1F
      Startup Hub Tokyo(スタートアップハブ東京)
      https://startuphub.tokyo/

    定員:30名/事前申込制/参加無料

    お問い合わせ・お申し込み先:オフィスH/ASFパートナーズ
                     担当: 伊藤、メールアドレス: hito@officeh.net

■ 
   内容:デザインの国、デンマークでは若い人たちが果敢に起業し、オリジナルのアイデアを事業化しています。デンマークのアニメーションセンター、世界 的なノレッジセンターとして定評ある、アニメーション・ワークショップ(TAW)はその一翼を担っています。本年9月に、TAWは日本とデンマークのクリ エイターがアニメーション、ゲーム、AR、VR、トランスメディアコンテンツなどの世界市場向け新企画をデベロップメントするアーティスト・イン・レジデ ンス「NipponNordic - Universe Accelerator(ニッポンノルディック - ユニバース・アクセラレータ)」を開催します。
本イベントでは、デンマークとTAWの実践と共にニッポンノルディックを紹介し、日本のクリエイター、起業 家にエンタテインメントの世界展開への展望を示します。

    登壇者:TAW代表兼ニッポンノルディックのジェネラル・マネージャー、モートン・トーニン
            ニッポンノルディックのプロジェクト・マネージャー、クレマンス・ブラガール

※ プレゼンテーション後、ご質問などに個別にお答えします。
※ 本イベントの一部は英語のみで行われます。

イベントのウェブサイト>>


ニッポンノルディックの概要>>
もっと詳しく・・・ニッポンノルディックのウェブサイト>> https://www.nippon-nordic.com/

ニッポンノルディック - ユニバース・アクセラレータ
NipponNordic Universes Accelerator


 開催期間:2017年9月11日(月)~29日(土)

 開催地:デンマーク、ヴィボー(Viborg)市/The Animation Workshop - VIA University College

 対象:日本とデンマークの若手・中堅クリエイター

 定員:16名

 ニッポンノルディックのスケジュール:
  2月13日    参加者募集開始
  3月10日    東京で説明会開催(次頁参照)
  4月14日    参加者募集締め切り
  5月上旬    応募者の事前選考
  5月中旬    最終選考、参加者決定
  9月11日~29日    デベロップメント・ラボ、ピッチング・セッション

 なぜ、日本とデンマークなのか
日本とデンマークの間には、協働や共同制作で大きな将来性が見込まれるからです。
日本は長らくアニメーションの文化をリードし、とりわけセルアニメーションは20年以上も欧米文化に大きな影響を与えてきました。
また日本のゲームは欧米のゲーム業界とゲーム開発手法に大きなインパクトを与え、北欧デザインに高い関心がある日本は、デンマークのゲーム開発者にとって魅力的なパートナーなのです。

レゴブロックを生んだデンマークは、機能性と高いクオリティ、そしてシンプルな美しさのデザインで名を馳せています。また世界的な童話作家・詩人のアンデルセンの故郷でもあり、人々は物語を愛し、子どもへの物語継承に熱心です。

デンマークは出版、アニメーション、ゲームにおいて、ヨーロッパへのゲートウェイという地歩を築いています。2000年以降に創業した企業が多いアニメー ションやゲーム業界には躍動感があり、オリジナルのアイデアを事業化するために率先して起業する若いクリエイターやプロデューサーがいます。デンマーク人 の多くは英語を母語並みに話せるため、国際的なプロジェクトへの参加に有利なだけでなく、外国人がデンマークで働く環境も整っています。

M2 Films、Wil Film、Ghost、A. Film、Copenhagen Bombayといった中規模のアニメーションスタジオは、子ども・ファミリーだけでなく、ティーンエージャー向け長編やテレビシリーズで費用効率の高い 3DCGアニメーションを制作しています。長編アニメーションは年に5本程度がコンスタントに製作されており、米アカデミー賞長編アニメーション賞ノミ ネートさた「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」やアニー賞にノミネートされた「Long Way North」は、ヴィボーにあるNørlum社が共同製作しています。また、LEGO社が子ども向けアニメーション制作の大スポンサーとなっています。

デンマークのゲーム業界は世界規模のイノベーションで知られています。Io-Interactive社のステルスアクションゲーム「ヒットマン (Hitman)」はデンマークを代表するゲームであり、Playdead 社の横スクロールアクションゲーム「LIMBO(リンボ)」、SYBO Games社とKiloo社が共同開発したモバイル・エンドレスランゲーム「Subway Surfers(サブウェイ・サーファーズ)」も世界的なヒット作です。

欧米人が真似できない発想力や物語世界を持ち、クオリティにこだわりと誇りを持つ日本と、進取に富むデンマークはお互いの長所を相補い、エンタテインメントの新風を起こす可能性があると、デンマークから日本へ期待が寄せられています。

 日本・デンマーク外交関係樹立150周年の記念イベント「カワイイとエピックー」の一部として実施
ニッポンノルディックが開催される本年9月には、アニメーション、漫画、トランスメディアという広範な分野をカバーする、デンマーク最大規模のエクスポジ ション「カワイイとエピックー(Kawaii & Epikku)」が、在デンマーク日本大使館の日本・デンマーク外交関係樹立150周年公認イベントとして、ヴィボー市で開催されます。

また本年はユラン半島の最大都市、オーフス市が欧州文化首都に任命され、さまざまな文化イベントが一年を通じて催され、人気を博しています。「カワイイと エピックー」は、欧州文化首都「オーフス 2017」の公式イベントである「ヴィボー・アニメーションフェスティバル(VAF)」の最注目イベントです。「カワイイとエピックー」は、一般向けのイ ベントであるだけでなく、日本とデンマーク/ヨーロッパのクリエイティブ界のプロが互いのナレッジと文化的交流を深める場であり、ニッポンノルディックも その一部です。

 ニッポンノルディックの参加費
900ユーロです。これには渡航費、昼食を含む滞在費、研修費、必要機材などが含まれます。
返還する必要のない給付型奨学金があります。
ニッポンノルディックの応募要項>>

 参加申し込み
ニッポンノルディックのウェブサイトから、経歴書、ショーリール/ポートフォリオ、プロジェクトのワンページャーなどを添えて、オンライン申し込みをしていただきます。応募は無料です。
応募締め切りは本年4月14日(金)です。
ニッポンノルディックの申し込みサイト>>

ニッポンノルディックの目的、内容、対象、特典、運営はこちらをご覧ください>>

デンマークのエンタテインメントとニッポンノルディックを紹介するセミナー、3月10日開催>>

公式ウェブサイト>> https://www.nippon-nordic.com/
Facebook>>  https://www.facebook.com/nipponnordic/


SEA_pic072004年にTAWが主宰した、SEAコンセプト開発マスタークラス。
ブラジル、ヨーロッパ、日本から15名が参加し、アニメーションのコンセプトをチームでデベロップメントしました。
http://seamasterclass.com/ja/






ニッポンノルディック- ユニバース・アクセラレータのお問い合わせ先
プロジェクト・マネージャー、クレマンス・ブラガール(Clémence Bragard) 
メールアドレス: clbr@via.dk

日本のプロジェクト・コーディネーター、伊藤裕美(オフィスH/ASFパートナーズ) 
メールアドレス: hito@officeh.net

TAWニッポンノルディック(NipponNordic)を主宰するアニメーション・ワークショップ(TAW)を紹介します。
TAW(The Animation Workshop-VIA University College)は、デンマークの中央ユラン地域(ユトランド半島中央部)の古都ヴィボーに所在し、地域の8都市にキャンパスを持つ国立総合大学VIA University Collegeに属する公的機関です。

ヨーロッパ有数のアニメーションのトレーニングセンターであり、アニメーションの教育、文化、コミュニケーション、ビジネスに関わる専門的な諸活動も行なっています。

ウェブサイト: http://www.animwork.dk/en/

TAWには次の7部門があり、部門間は活発な連携を図っています

芸術系学士課程(バチェラー)
 
TAWで最大規模の部門です。コンピュータグラフィックス・アート、キャラクターアニメーション、グラフィック・ストー リーテリングの3学科があります。授業は世界各地で活躍するプロが計画し、学生を指導するので、広告、テレビ、映画、VFX、ゲームなどの業界で就職すれ ば直面するであろう、さまざまな課題に対応できる技量を学生は身に付けられます。

Open Workshop(オープン・ワークショップ) 
アニメーション、映画、グラフィック・ストーリーテリング、ゲーム、トランスメディアなどの人材センター であり、作品制作ができるアーティスト・イン・レジデンスです。アニメーションとアニメーションに関連するプロジェクトのデベロップメントと制作に必要な 環境、施設、素材・機材が整い、資金的支援もあります。アーティストは、アニメーション分野で最高水準のコンサルタントの助言も受けられます。

ドローイング・アカデミー(TDA) 
高水準なドローイング(デッサン)講座です。アート、デザイン、キャラクターデザイン、アーキテクチャー、アニメー ションなどの専門分野で求められる基礎力を短期間あるいは半年間で習得できる、クラシカル・ドローイングの集中講座を運営しています。

プロフェッショナル・トレーニング 
短期講座とマスタークラスです。アニメーション、映画、映像の高い専門性を有するプロたちとの広範な国際ネットワーク を持つ部門です。ストーリーボード・アーティスト、コンセプト・デザイナー、キャラクター・デザイナー、アニメーションのアートディレクター、CGアー ティスト、VFXスーパーバイザーなど、広範なニーズに応えるトレーニングを提供しています。

アニメーテッド・ラーニング・ラボ 
アニメーションを教育ツールとして用いる教育法の開発で20年以上の実績を持つ部門です。アニメーションが小中学校な どで一般教科の教材として活用されるよう、普及に努めています。子どもたちがやる気を出し、デシジョン・メーカーとしてアニメーション作りに率先して参加 することを第一義に活動しています。

Arsenalet(アーセナレット) 
アニメーション、ゲーム、ニューメディアに特化したビジネスクラスターです。スタートアップ向けビジネス支援の拠 点であり、国際共同制作を行う企業とも緊密な連携を図っています。インキュベーションは創業間もない起業家だけでなく軌道に乗った企業も利用しており、事 業開発に適したダイナミックでエキサイティングな環境です。

ファンクショナル・アニメーション(実用的なアニメーション) 
応用マンガ(機能マンガ)とビジュアリゼーション(可視化)の部門です。科学、学習、コ ミュニケーション、健康管理・医療/治癒力、新製品開発や双方向メディアといった分野でのアニメーション、可視化そして応用マンガの新たな利活用を促進 し、統合していくことを目指しています。

The_Animation_Workshop_Labandimation_04

↑このページのトップヘ